バンコクの灯

瀬戸正夫著

2002年12月刊 46判 362頁 東京堂書店(Bangkok) 2,200円 品切れ

1939年、8歳からおよそ60年間、バンコクで暮らしてきた著者が、バンコクの変わり行く姿を振り返る。著者が見てきた、戦前、戦中、戦後のバンコクの移り変わりを、日本人社会のことを含めて語る。バンコクの変遷を目撃してきた著者による貴重な証言。

【目次】
バンコクの灯
バンコク王朝の始まリ
バンコクの町造り
近代化を目指して
水の都バンコク
バンコクの町並
戦前の日本人社会
戦時中のバンコク
戦後のバンコク
映画館の出来事
バンコクの乗り物
道路への転換期
スラムとの出会い
戦後の日本人社会
日本人納骨堂
盤谷日本人商工会議所
バンコク日本人学校
変りゆくバンコク
バンコクよもやま話
あとがき

 

ご注文

ホーム